トップページ 妊娠したら光脱毛できない?

妊娠したら光脱毛できない?

妊娠したら光脱毛できない?

 

光脱毛のプログラムに通っている期間中でも、もし妊娠がわかれば、
そこでいったん施術をストップすることがほとんどです。

 

光脱毛は人体への影響がありませんので、
妊娠したママの身体やお腹の中の赤ちゃんへ悪影響があるわけではありませんが、
ほとんどのエステティックサロンでは、妊娠期間中の施術は行っていません。

 

なぜなら、通常でもストレスや過労などで乱れやすい女性のホルモンバランスですが、
妊娠中は特に、女性ホルモンの影響でバランスが乱れやすくなっています。

 

「妊娠すると体毛が濃くなった」という話はよく耳にしますし、
逆に「だんだん毛が薄くなってきた・・・」という声も聞かれます。

 

ホルモンバランスの影響で、育毛周期も乱れやすくなっており、
また、肌も敏感になりやすい状態になっているのです。

 

こういった状態の時に光脱毛の施術を受けると、
肌への負担がかかったり、痛みを感じやすくなるなどのストレスで、
ますますホルモンバランスが崩れ、安静にすべきマタニティ期間中の身体に負担がかかり、
お腹の赤ちゃんの発育にも影響する可能性が出てきます。

 

もちろんこういった可能性は低いものですが、
やはり妊娠中は身体の状態が不安定なため、何が起きるかわかりませんので、
安全性が第一という観点から、各エステサロンでもこのような対応になるのでしょう。

 

何より、毛の周期を考えながら照射することが大切な光脱毛ですから、
毛の周期が乱れている時に施術をしても、脱毛効果は捗々しくありません。

 

出産後に落ち着いてからまた施術が再開できるような配慮を
多くのエステサロンが行っていますので、
妊娠がわかったら、まず相談してみて下さい。

 

そしてもし、妊娠と気付かずに施術を受けてしまった場合でも、
光脱毛の照射は毛穴にまでしか届かず、
子宮内の胎児へと影響することはまず無いそうですので、
その点は安心して下さいね。